しんせん 割烹

家  

Shinsen Kappo Sanoya

遊 舌 心 嬉 ~旨味を感じてください~

"遊"び心忘れず  "舌"で感じさせ  "心"をつかみ  "嬉"しさを造る

遊"Amuse" 舌"Tongue" 心"Heart" 嬉"Delight"  

  

完全予約制、カウンター8席。19時00分一斉スタート、10,000円のコースのみ。

官能的なダシの〝旨味の極み"マジックの開演です。

Counter 8 seats, reservation only, 10,000 yen Omakase course.  Please enjoy Sanoya's "Umami" experience.

 

【年末の営業は、12月30日まで営業。

       年始は1月3日より。(3日~5日までは17:00一斉スタートとさせて頂きます】

【ご予約】 

空席情報は、ホームページの予約ページ(オープンテーブル)よりご確認頂けます。

Please make reservation from our reservation page, using OpenTable.

  

詳しくは予約ページをご覧ください。

Please refer to our cancel policy before your reservation.

We start to prepare your dishes before you visit our restaurant, so we do appreciate for your understanding.

 

【ランチを開始致しました。】

土、日曜日の12時一斉スタート、10,000円コースのみ。完全予約制

11時45分ドアオープンとさせて頂きます。

 

【ベストなタイミングでお料理を提供致したく、10分前にはご入店頂きますようお願い申し上げます

We would like to serve dishes at best timing, so please enter restaurant 10 minutes before 7 pm.

 

 店主 佐野 昌之

Owner Chef  Masayuki Sano

 



人々は楽しく遊んでいるのだろか

Umami, amusing and exciting.

ダシの旨味を追求し、日本酒のペアリングで舌をくすぐります

Traditional Japanese dishes "Kappo" style, that go well with sake.

心嬉

美味しさで嬉しさを感じて頂きます

You will feel delighted with these Japanese dishes.




【佐乃家の思い】

 

そこに美味しさ、健康、幸せがあるのか、常に思いを巡らせながらお料理を作らせて頂いています。毎月変わるお料理に合わせて7、8種類の日本酒で酸味のバランスを調整しながらマリアージュを計算します。

 

Chef, Masayuki Sano, is always thinking about taste, health, and happiness of diners.  For "Sake pairing course", chef is always choosing the best sake among more than hundreds kinds for your dishes, consulting several Sake experts.  

 

 

【お料理の一例】

  ー鰊ー Nisin (Herring)

当店では、ひと手間かけてお料理をお出ししています。

鰊は完成迄に、1週間を掛けています。

身欠き鰊を、糠にて2日間その後、番茶にて2日間、1晩水にて晒して2日間掛けてゆっくりと、炊きあげます。

 

Sano chef consentrate on every dish and cook very carefully.

Nishin, for exsample, takes one week to prepare; 2 days into Nuka (fermented rice bran), 2 days into Ban-cha(tea), 1 night into water, cooked for 2 days. 

 

 

  出汁ー Dashi (Japanese Consomme)

先ず、昆布。約4時間掛けて一定の温度で旨味を抽出致します。

気温,湿度の状態により微妙な調整をかけます。

昆布出汁が取れたら、用途によって鮪節、本枯れ鰹節、血合いが無い花鰹節で出汁を引きます。

お吸い物には、香りを重視するため余分な物は、一切入れません。

 

Sano chef pays attention specially to Dashi (soup stock).

He uses Kombu and several kinds of Katsuo-bushi (dried bonito), never uses synthetic seasoning.

He always calculates "Umami"-balance, and paring with Sake.

 

 

  ー米ー Kome (Rice)

新潟県魚沼産の米にこだわり、天日干し、1等米の得Aランクのみを使用。

水も、お米を炊くためだけに魚沼より送って頂いております。

この米を、特製2枚蓋の土鍋で炊きあげます。

先ずは、蒸らさないご飯を少しだけ。その後の変化をお楽しみください。

米、1粒1粒の甘さを感じていただければと思います。

 

Sano chef uses rice of Uonuma city, Niigata pref, only "A" rank of first class, cooked by water of Uonuma city.

Please enjoy sweetness of the special rice.